市原市能満 M様邸

201812294.jpg

市原市能満に建設中のM様邸、先日の12月26日に上棟が終わりました。
上棟は、加工しておいた材料をクレーンで引き上げて一気に組み立てます。

201812292.jpg

上棟後はすぐに屋根工事・木工事に写ります。
設計通りに筋交いや金物などを入れていきます。
特徴的な屋根の形も着々と出来ています。

201812291.jpg

屋根瓦を乗せる準備も進んでいます。

nouman3.jpg

こちらが完成イメージです。



詳しい場所はこちらです。

市原市能満 Y様邸

201712145.jpg

市原市能満に建設中のY様邸、外部・内部工事中です。
外回りはサイディングの下地の防水シートをの上に
通気層を作るための胴縁を施工しています。

通気層は、外壁材の裏面に空気の通り道を作ることで湿気を放出・乾燥させて、
結露の防止やに冷暖房の効率アップ効果があるとともに、万が一台風などで
サイディング部材の接合部などから雨水が侵入しても通気層を通じて速やかに
排出する効果があります。

201712141.jpg

壁にはすき間なく断熱材を施工しています。

201712143.jpg
201712142.jpg

床・天井にも断熱材を施工します。

201712144.jpg


千葉市緑区土気町 N様邸

201712155.jpg

千葉市緑区土気町に建築していたN様邸、無事に完成しました。


201712154.jpg

大きく窓をとった明るいリビングです。
フローリングはカリンで、あたたかみの中に高級感のある雰囲気になっています。

201712151.jpg

2Fのフローリングはサクラ材です。
やわらかな色合いで、ほんのり桜色をしています。

1Fも2Fも、三上建設の標準仕様であるムク材のフローリングになっています。
ムク材は、時間とともに色合いが変化して風合いがでるのも特徴です。

201712153.jpg

玄関周りには、シューズクロークを設け、たくさんの棚を設置してあります。

201712152.jpg

洗面所にも棚を設けてあります。収納は間取りの大きな構成要素ですので
間取りの段階でお施主様と何度も相談させて頂いて決定しています。

市原市能満 Y様邸

IMG_0230.jpg

市原市能満に建設中のY様邸、11/15に上棟し、現在、木工事中です。
上棟は手キザミで加工した材木を、クレーンを使って上げて一気に組み立てます。

IMG_0240.jpg

上棟が終わるとすぐに屋根を施工します。

IMG_0244.jpg

垂木の上に野地板をはっています。
この上に防水シートを敷き、その上に屋根瓦を施工していきます。

千葉市緑区土気町 N様邸

201710251.jpg

千葉市緑区土気町に建設中のN様邸、上棟が済み
現在、内部・外部施工中です。

201710255.jpg

設計図の通りに筋交いを施工していきます。

201710257.jpg

筋交いは、量だけでなく全体のバランスも考慮して配置しています。

201710256.jpg

金物でしっかり取りつけます。
大きな力がかかる箇所は、大きな耐力を持つ金物を施工します。

201710254.jpg

土台の上に大引を掛け渡し、その上に根太を施工します。
地震の突き上げ力がかかった時に浮かないように、大引とベタ基礎をボルトで繋いでいます。

201710259.jpg

根太の間にすき間なく断熱材を入れていきます。
その上に、フローリングを張るための合板を施工します。

201710258.jpg

壁の断熱材も施工します。

201710252.jpg

屋根の垂木も軒桁にひねり金物でしっかり取りつけます。
三上建設の建物は、基本的には屋根は建物から80㎝ほど出ています。
軒が建物から出ていて、雨が直接あたりにくいので
建物の劣化防止効果があったり、暮らす上での雨除けになったりと
利点も多いのですが、そのぶん大風の際にはおおきな吹き上げ力がかかってしまいます。
その際でもずれたり浮いたりしないように、しっかりと固定します。

2017102510.jpg

屋根は、垂木の上に野地板を施工し、その上に防水シートを敷き、その上に屋根瓦を施工していきます。
瓦は一枚一枚しっかりと止め、ずれたり落ちたりしないよう施工します。

プロフィール

mikamikensetu

Author:mikamikensetu
千葉県市原市の
三上建設のブログです。
施工現場の様子や
イベント情報などを
公開しています。
サイトはこちら

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク