FC2ブログ

市原市有秋台東 S様邸



DSCN0993.jpg

通気胴縁の下に透湿防水シートを張ります。
透湿防水シートは、外部からの水分を抑える防水性と、内部からの湿気を通す透湿性を兼ね備えて
いるので、建物内の結露を防止します。

DSCN1002.jpg

サイディングも現場に搬入しています。

DSCN0997.jpg

建物内部は、サッシと断熱材が入りました。



工事現場はいつでもご覧いただけます。

詳しい場所はこちらです。

市原市有秋台東 S様邸

DSCN0893.jpg

有秋台東、S様邸無事に上棟しました。
作業場で加工した材木をクレーンで引き上げて、記号通りパズルのようにはめ込んでいきます。

DSCN0894.jpg

屋根工事、外部工事が進んでいます。
屋根瓦は、はしごのような装置で引き上げます(画面中央)

DSCN0901.jpg

ホールダウン金物(基礎・土台と柱を結ぶ金物)の記録写真です。
窓のサッシが搬入してあります。サッシは現場に搬入したあとは
邪魔にならない位置に、転倒しないように固定しておきます。

DSCN0904.jpg

こちらもホールダウン金物です。
基礎コンクリートの打ち込み前に設置して、しっかり固定します。
三上建設では、これまでの経験から床下換気はは通気口を設置しています。
(お施主様の希望で基礎パッキンも施工致します)

DSCN0913.jpg

棟札です。
屋根裏の小屋束にしっかり取りつけます。

棟札は古くから建物の屋根に据え付けられていて、古い建物を解体・修繕した際に
昔のものが見つかることもよくあります。
古い建物から見つかる棟札は、建物の由来や建築年月日などが記してあるので、
資料としても貴重なものだそうです。お寺やお屋敷の資料館にもよく展示してあります。





詳しい場所はこちらです。

富津市金谷 M様邸

工事が順調に進んでいます。
床工事の様子です。

CIMG4714.jpg

大引きの上に根太を等間隔に施工します。

CIMG4723.jpg

間に断熱材を入れ、その上に構造用合板を打ちつけます。

CIMG4750.jpg

そのうえにムクのフローリングを施工していきます。

CIMG4751.jpg

このお宅は床暖房をつけています。
電気のシートをフローリング材の下に施工していきます。
ムクのフローリングも、床暖房対応のものになっています。

CIMG4716.jpg
CIMG4718.jpg

屋根の桁と垂木は、ひねり金物でしっかり取りつけます。
風の吹き上げ力で屋根が飛ばないようにします。

市原市有秋台東 S様邸

市原市有秋台東にS様邸の建設が始まりました。
現在、基礎工事中です。

201904121.jpg

コンクリートを打設する前に、配筋の状態で瑕疵担保保険の検査を受けます。
基礎は建物の重要な部分なので、コンクリートで隠れる前に
記録しておきます。

201904123.jpg

ベースの配筋の記録です。
「D13 @250」というのは、直径13ミリの鉄筋を250mmピッチで
配置しているという意味です。

201904122.jpg

丸で囲ってあるのは、さや管と呼ばれる部材です。
さや管の中に給水などの管を通す、二重構造の配管工法のことです。
中の管が劣化した場合、コンクリートを壊さなくても交換できます。


詳しい場所はこちらです。

三上建設ショールーム見学会

kengakukai201903.jpg

3/23(土)、24(日)に三上建設のショールーム見学会を開催します。
普段、ご連絡頂いた方に見て頂いている建物を、予約や事前連絡なしで
見て頂ける企画になります。

普段は生活している建物なので、収納の実際の収納力や、導線の雰囲気など
くらしやすさを感じて頂けると思います。



ご希望があれば、他のショールームもご覧いただけます。

noumanbunk01.jpg

bunku2.jpg

お気軽にお越しください!
プロフィール

mikamikensetu

Author:mikamikensetu
千葉県市原市の
三上建設のブログです。
施工現場の様子や
イベント情報などを
公開しています。
サイトはこちら

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Instagram・Facebook
IG_Glyph.png flogo_rgb_hex-brc-site-250.png