FC2ブログ

市原市八幡 H様邸















リフォーム

先日、三上建設で30年前に建てた建物の和室を洋室へリフォームしました。
その際の様子です。

re00.jpg

施工前の様子です。中央だけ畳をあげた状態です。
和室は1段高くなっています。今回、これをフラットにします。

re01.jpg

大引、根太、下地板をはがしていきます。
30年以上経っていますが、シロアリが来た様子もなく
材量は表面以外は新しい木のようでした。

re02.jpg

大引、根太、床束を外した状態です。床束の下の束石は今回そのまま利用します。
防湿のためのビニールシートが風化していました。

re04.jpg

床束、大引、根太を新しく施工します。
シロアリ防除の薬剤も新たに塗布しました。

re05.jpg

根太の間に断熱材を敷きつめていきます。
2枚目の写真を見て頂けるとわかりますが、リフォーム前はこの
断熱材が入っていません。以前は断熱材は入れない施工方法が多かったのですが、
今は床・壁・天井(屋根)と断熱材で囲います。
以前の建物と今の建物を比べると、今の建物の方が格段に暖かいのは
気密性と断熱性の向上のおかげです。

re06.jpg

下地板を張り、隣の部屋と同じ種類のムクのフローリングを施工していきます。
並べるだけではなく、一枚一枚止めていきます。

re07.jpg

フローリングの施工が終わった状態です。
床を下げたためあいてしまった押入れ下や床の間下の施工に入ります。

re08.jpg
re09.jpg

間に木材を入れて、その上に床と同じフローリングを張っていきます。

段差があった部分も、違和感なく仕上がっています。

re11.jpg

床の施工は終了です。養生して壁を塗り直します。

re12.jpg

今回、壁は真壁のまま左官工事だけ施工し直しました。
漆喰をコテで塗っています。

re13.jpg

完成です。

床がブワブワする、すき間が合って寒いなどのご相談もよく頂きます。
まずは建物を見せていただき、ご希望にあった見積を出させて頂きます。
お気軽にご相談ください!

市原市能満 M様邸

bunku4.jpg

市原市能満に建設中のM様邸、9/13に無事上棟しました。
現在、屋根工事が進んでいます。

201809201.jpg

上棟のまえに土台を施工します。
コンクリートの基礎の上にしっぱりとボルトで固定します。

201809202.jpg

長い金物はホールダウン金物(引き寄せ金具)です。
基礎、土台、柱をしっかり緊結します。

地震・台風の時に家に力がかかったとき、柱が基礎から抜けないように
施工するものです。設計上、負荷がかかるところに設置します。

201809203.jpg

基礎の開いている所は、人通口です。
床下を点検する時に行き来できるように配置してあります。

201809204.jpg

作業場で加工した材料を、記号の通りに組みあげます。
加工は、図板(ずいた)に従って行います。

201809208.jpg

三上建設の図板です。(このお宅のものではありません)
図板には材料の大きさ、長さ、仕口、継ぎ手の位置など必要なこと
全てが書いてあり、大工はこれを見て材料の加工・現場での組み立てを行います。

201809205.jpg

1階から組み上げていきます。
長いのは通し柱で、1階から2階の梁まで1本の柱で繋がっています。

201809206.jpg

2階まで組み上がった状態です。

201809207.jpg

上棟が無事に終わりました。

市原市能満 M様邸


9/13に上棟しました。
台持ち継ぎ手を現場で組む様子です。
プロフィール

mikamikensetu

Author:mikamikensetu
千葉県市原市の
三上建設のブログです。
施工現場の様子や
イベント情報などを
公開しています。
サイトはこちら

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
リンク
Instagram・Facebook
IG_Glyph.png flogo_rgb_hex-brc-site-250.png